こんなにある、ゲーム機対応の周辺機器

こんなにある、ゲーム機対応の周辺機器

スーパーゲームボーイ

懐かしくなります

次に、幼少時の頃を思い出すことを書きます。私もこれが家にあったときはスーパーファミコンに接続して、ポケモンをやっていたことを思い出します。ということで『スーパーゲームボーイ』を紹介していきましょう。当時、ゲームボーイを持っていた人も多いのではないでしょうか。私もそんな世代の一人だったので、なんだか感慨深くなると同時に自分が年を重ねていることに少し切なくなりますが、まぁそんなことは置いておきましょう。

商品についての概要ですが、一言言えば特定の対象ハードにこちらを接続すればゲームボーイと同等の環境を用意することが出来て、テレビ画面で楽しめる優れもの、と当時は思っていました。私自身、こちらの商品を持っていたわけではないですが親からは、ゲームボーイ本体でやるよりかはこっちでゲームをしたほうが視力も低下することは無い、というどこからもってきたか分からないような根拠を述べていましたが、結果的に視力は低下してしまったので元も子もないですけどね。まぁ当時を思い出しても、楽しくプレイしていたことに変わりはないので問題ないので、良しとしましょう。

ゲームボーイソフトが遊べる、ということですがあの小さな画面をそのままテレビに持っていくことになるので、画面がテレビ対応に拡張されるということではなく、一部テレビ画面に空きが出来てしまいます。私個人としてはあまり気にならずにそのまま遊んでいましたが、この空きを利用して面白いことができるようになっています。この空いている部分にいくつかの模様の中から一つだけ好きな枠を選んでつけることが出来る『ピクチャーフレーム』という機能が存在しています。これを選択することで何かと気になる画面枠の空きを埋めることができる、ということですがゲームに集中していればさほど気にすることでもないと思うんですが、神経質なお子さん方にはそうは行かなかったようです。

また特定のゲームソフトをこのスーパーゲームボーイを使用することで、音質が良くなったり、通常は4階調の色を割り当てられているのではなく、ゲームソフト側で登録されている多彩カラー表示を行なえたりするなど、ゲームをもっと楽しむことができるようになっているものもある。さらに対応しているゲームであれば他のゲームボーイ本体との接続をしないで、スーパーゲームボーイとスーパーファミコン、対応ソフト1本あれば2P同時プレイを実現する機能も備わっている商品もあった。

しかしゲームボーイから発売前のハードということだったため、カラー専用ソフトには対応しておらず、起動することは出来ない。カラー対応ソフトを使用した場合もゲームボーイカラー時の配色を用いているのではなく、スーパーゲームボーイの機能による擬似カラー割り当てでの動作のみとなっている。単体で画面のカラー化を実現したゲームボーイカラーはつば後にはスーパーゲームボーイの役割を終えたと判断され、対応ソフトは徐々に減少していくことになる。変遷と言いますか、このスーパーゲームボーイが流行しているときこそ、ゲームボーイの全盛期を迎えていたと私は考えています。何せポケモンは盛大に流行っていたという事例もありますからね。

マジコンって・・・

物件紹介から売却・買取まで、お客様のご希望に合うように全力でお手伝いいたします!不動産 広島を中心に快適な住まい探しをご提案して参ります。お気軽にご相談下さい!オススメ情報が満載です♪

便利であって、完璧ではない

便利なものほど色々な昨日が備わっていると思いがちですが、それは昔も今も変わらずに欠点はあるもの、このスーパーゲームボーイにしても同じことが言えます。

どんな欠点かというと、まずは『通信関連機能が使えない』ということです。ゲームボーイ本体であれば通信ケーブルを用いることで通信対戦などを行うことが可能となっていますが、スーパーゲームボーイを使用しての通信機能は全て使用できないため、通信関係をする場合には本体でのプレイが最低条件の土台と無くてはならない。

次に『後継機が全て対応しているわけではない』ということです。スーパーゲームボーイにも後継機となる2が誕生していますが、先行機で対応していたからといって、先行機対応となっているソフトを後継機で使用すると、各機器を正常に接続しているにもかかわらず通信機能が利用できないといった不具合が生じることがあるという。この症状が発生するソフトでは、スーパーゲームボーイでの動作時に一切の通信機能が利用できないようプログラムが組み込まれています。症状を回避するには特定の操作をしなければならなくなります。

そして『特有の演出が発生しない』ということもありえます。例えるならば振動カートリッジソフトの場合においては、スーパーゲームボーイシリーズで使用してもカートリッジが振動しないという減少が起きます。これについては事前に取扱説明書などで記載されている注意事項ということになっているので、説明書をよく見る必要があります。

さらには『シリーズによっては性能が異なっている』ということもある。シリーズ先行機を使用すると、実際にソフトの動作速度などが異なっていたり、音程も高くなっているといったこともあります。これはソフト自体にバグが生じているということではないので問題ない。後継機ではこうした通常のゲームボーイ画面と同様の速さと音を楽しめるようになっている。

最後に『ゲームボーイ画面がテレビ対応ではない』ということです。これはそれぞれのハードでのピクセルの問題となり、どうしてもゲームボーイソフトをプレイする場合は、テレビ画面には横長になってしまう。一部のタイトルのようにこのピクセル形状が考慮されているグラフィックが描かれたタイトルは無いと思われているが、詳しいことははっきりとしていない。

究極のクソゲーを求めて・・・

ハード自体が消滅したわけではない

ここまで書きましたが、そもそもどうしてこのスーパーゲームボーイが誕生することになったのかということですが、これは前述にも書いたモノクロ画面に原因があります。どうしても液晶がモノクロになるということで、視認性が悪く残像が出てしまうために、多くのユーザーからはカラー化することを瀬坊されていた。要は、白黒だとはっきり見にくいことが分かっているんだから、早く画面に適応したものを作り出してください任天堂さん、というユーザーが多数いたということだ。我が家もそんな一人だったわけだが、子どもの自分にはそこまで気にすることでもなかったが、そんなユーザーからの声に応えるという形で、欠点を克服するために製品開発に至った。

スーパーゲームボーイが持っていた『ゲームボーイソフトを家庭用の固定型ゲーム機でプレイする』というコンセプトは、ゲームボーイアドバンスをベースとしたゲームキューブ用周辺機器『ゲームボーイプレーヤー』に継承されており、製品そのものは市場で見なくなったが、機能を継承した商品は今でも残っているということだ。

懐ゲー特集

手描きの回路図を弊社導入の回路図入力システムCR-5000 System Designer又はOrCADCaptureにてデータ化致します。詳しくはプリント基板 http://www.shinobu.co.jp/へお問い合わせください。