こんなにある、ゲーム機対応の周辺機器

こんなにある、ゲーム機対応の周辺機器

ヘッドマウントディスプレイ

ゲームの世界では憧れるもの

『ヘッドマウントディスプレイ』という、頭部につける機械を見てどんなことを思うだろう。ゲームなどでは、このマウント式のディスプレイをつけることで、オンラインゲームを自分の目で見て楽しんでいるという錯覚を与えるような作品も何点か存在している。特にオンラインゲーム関係には多いかもしれないが、このヘッドマウントディスプレイを見ていると、早くこの機械を全面的に使用できるようなゲームが出ないかなぁと、日々思っているのだが中々理想と現実は適わないものだ。さて、このディスプレイだが、起源となるのは一体何なのか。まず起源から見て行こう。

マジコンって・・・

起源

ヘッドマウントディスプレイが誕生したのは1968年、バーチャルリアリティの先駆者として名高い『アイバン・サザランド』さんによって、開発されたことがそもそものきっかけとなっている。

通常は目の疲労を抑えるためになるべく遠くに結像した像を形成するようにすることで、眼精疲労を抑えることができる。左右の目に違う映像を映し出すことも可能であるため、左右の映像を微妙に変えることにより立体的な画像にすることも出来るのだ。眼球の輻輳角と焦点距離に差が出てしまうと、眼精疲労の原因となることは有名な話だ。外の世界を完全に見えなくしてヘッドホンと併用して『資格』・『聴覚』を制御できるようにすれば、より完全に近いバーチャルリアリティを実現することが出来ると考えられている。

従来のディスプレイが装置に視線を向けなければならないのに対して、このディスプレイにはその必要がないということが利点となっている・防止や眼鏡の形をしているために、持ち運びに便利で何時でも使用することができるようになっているのも魅力の一つだ。子方のディスプレイを利用するため非常に省電力で起動することができ、特に仮想的な大型ディスプレイを刑したときにはかなりの省エネルギー効果を生み出すことも出来る。

しかし、複数人で共通のディスプレイを見ることが出来ないために、共通の映像を鑑賞する場合には省エネルギー効果は基本的に期待しないほうが良い。

形状

ヘッドマウントディスプレイといっても形状は複数存在している。

眼鏡型
眼鏡の上部、または前部に投影装置が装着されていて、透明版部分に投影される仕組みとなっている。
帽子型
鍔の部分からディスプレイ装置が垂れ下がっており、ヘッドホンつきのものもある。別名、ヘルメットマウントディスプレイとも呼ばれている。

ディスプレイ方式

(非透過)ヘッドマウントディスプレイ
装着すると外の様子を見ることが出来ず、完全に別の世界にいるかのような疑似体験が出来るが、外の様子が見えないため利用者の安全に配慮しなければならない。
ビデオ透過ヘッドマウントディスプレイ
ヘッドアップディスプレイの一種であり、装着すると外の様子を見ることは出来ないものの、ディスプレイに外の様子が映し出されているので、利用者は安全に移動することができるようになっている。但しこの場合は、ディスプレイ装置だけでなくビデオカメラも装着しなければならない。
光学透過ヘッドマウントディスプレイ
ディスプレイ装置にはハーフミラーで出来ているので外の様子を見ることが出来るようになっており、片目の身にディスプレイ装置がついているものもある。また、ホログラフィック素子を用いたディスプレイも開発されており、まさに眼鏡のレンズのような近距離に配置された導光板に映像を投影し、SFで描かれているような『映像が映る眼鏡』を実現することも可能となっている。光学多層膜のハーフミラーを用いることで、必要な情報のみ表示板の表面に表示しながら外の様子をシースルーで見ることが可能となっている。

投影方式

(虚像投影)ヘッドマウントディスプレイ
ハーフミラーなどを利用することにより虚像を形成し、映像を観察できるようにすることが出来る。
網膜投影ヘッドマウントディスプレイ
目の水晶体を利用して網膜に直接結像させて映像を見ることが出来る。利用者が近視や遠視でも鮮明な像を見ることが最大の特徴となっているが、眼球運動に左右されるために実装するまでには様々な課題をクリアしなければならない。

究極のクソゲーを求めて・・・

コンピューターゲームへの応用

ヘッドマウントしスプレイそのものは様々な分野への応用されているが、コンピューターゲームの中でも当然のように利用されている。ゲーム業界での最初期の一つとして『Forte VFX-1』などの、より臨場感の高いバーチャルリアリティを創り上げる方法として利用されており、既に製造されているものも多くある。クラウドファンティングのKickstarterに登場した、ヘッドトラッキングを可能とした『Oculus Rift』や、同じく話題となったトレッドミルの『Virtuix Omni』を組み合わせたVRも可能となっている。モーションコントローラ『Razer Hydra』との活用も見込まれており、ショックフィードバック付きの多感覚スーツ『ARAIG』も同様に発表されている。

ソニーの『PROTOTYPE-SR』やNVIDIAの『Near-Eye Light Field Displays』も発表されており、プレイステーション3においては3D立体視とモーションコントローラを組み合わせたゲームも発売されているなど、今後もヘッドマウントディスプレイが徐々に進化していくことが期待されているのは目に見えている、ということだ。

懐ゲー特集

シングルブレストなので、来歴の系統はばかとのやフ袴とは別と考えられており、燕尾部分の切り落とされたものが現在の背広となったとされている。お客様のわがままを叶えます。振袖 船橋 なら『きもの振袖専門店プラチナ館』へ!